> > ナビ

ライター募集

Androidアプリのレビューライターを募集しております。
Androidアプリが好きな方、Androidアプリ関係のお仕事をしたい方 ならどなたでもOK!

詳しくはこちら

おすすめアプリ一覧

ナビ ダウンロードランキング




dummy

世界遺産 データベース

世界遺産を手軽に調べられるアプリだリン。地図や画像を参考にして、楽しく世界遺産を探すことができるリン。

詳細を見る

目的地コンパス 無料版

dummy

スマホで電子コンパスが使えるようになるアプリだリン。見知らぬ土地に訪れた際に、目的地の方角を把握することができるリン。

詳細を見る

東京スカイツリーNavi

dummy

スマホをコンパス代わりに使える上、東京スカイツリーを始めとする観光名所の方角と距離も表示できる面白いアプリだリン。

詳細を見る

dummy

タクシー料金計算-TaxiCalc

タクシーに乗りたいけど、目的地までいくらかかるかわからなくて悩む……そんな時にピッタリな、タクシー料金算出アプリだリン。

詳細を見る

dummy

日本百景 データベース

日本中の有名な景色を調べたり、画像で見ることができるアプリだリン。4000を超える、豊富なデータが入っているリン。

詳細を見る

dummy

    Waze 〜運転中の無駄をなくして、ドライブをもっと楽しく〜

単なるナビゲーション機能だけでなく、同じアプリを使っているユーザー同士での情報共有もできるソーシャル性がポイントだリン。

詳細を見る

dummy

iHighway交通情報

あなたのドライブをよりスムーズで快適にしてくれる、便利なアプリだリン。ドライブ中の急な事態にも、簡単に対応できるリン。

詳細を見る

dummy

Sygic: GPS Navigation

幅広く海外のエリアに対応しているグローバルなナビアプリだリン。残念なのは日本語と、日本のマップがまだ未対応なこと!

詳細を見る

dummy

日の出日の入マピオン

お正月に日の出が気になる人は、これを使うといいリン。時間も方角もわかるから、あとはそこに向かって待つだけリン。

詳細を見る

dummy

渋滞ナビ

高速道路と一般道の渋滞情報を教えてくれる、ドライブには便利なアプリだリン。また、通行止めなども教えてくれるリン。

詳細を見る

交通・地図・旅行から探す

ナビ カテゴリーについて

ナビ。正確にはナビゲーションシステムですね。そんなふうに書くと、どうしても、クルマに搭載されたものを思い浮かべますが、当然、スマートフォン(android、iphone)の画面は、それほど大きくありません。
限界があります。ただし、工夫もされていて、将来性を感じさせてくれるジャンルです。いくつか、一気に紹介してみましょう。

GPS Navigation & Maps Sygic

すごくキレイな画面です。近未来的な雰囲気がします。7日間は無料で、あとは有料のようです。それも納得するような美しさ。ホレボレします。海外での利用にはぴったりです。これが将来性の一端だと感じさせてくれます。
しかし、残念なことに日本では対応していません。非常に残念です。そのうち、いつの日か、という期待をこめて、ひとつめに紹介してみました。

Car Home Ultra

先ほどのアプリと似たような感じです。Bluetoothと連携しています。つまり、Bluetoothに対応しているヘッドセットなどを利用できるという機能ですね。
コンパスやスピードメーター、天候、気温などを表示してくれます。もっとも将来性を感じるのはダッシュボードなどに置けることです。つまり、現時点でのクルマに付いているものの代替品ですね。
やはり画面が小さいので実用性には今ひとつかもしれません。フロントガラスなどに映像化してくれるような雰囲気を感じます。これはスマートフォンの進歩に期待しましょう。

渋滞ナビ

重要です。特に帰省ラッシュや混む時間帯などは有効に利用できます。高速道路や一般道に対応しているので、渋滞を回避できたり、覚悟できたり、時間帯をずらしたりと、さまざまな対処を自分でとることができるでしょう。
突然の渋滞はイライラがたまります。それは事故の原因にも成りかねません。通行止めの規制まで知らせてくれるのは嬉しい機能ですね。

タクシー料金計算-TaxiCalc

少しハズレるかもしれません。タクシーの料金を計算してくれるものです。もう、カンタンに言います。出発地と目的地を指定すれば、ルートと、およその料金を出してくれる機能です。
もちろん、深夜料金や、高速を利用する場合にも対応しています。飲んだ帰りなどには便利かもしれませんね。

このジャンルのアプリは、androidやiphoneに限定せず、まだまだ、発展していくでしょう。それは確実です。
そのときには現在あるようなスマートフォンではないかもしれません。多様化は進んでいます。それは進歩です。まだまだ過渡期かもしれませんが、未来としては楽しみが多いジャンルですね。