> > ジョークアプリ

ライター募集

Androidアプリのレビューライターを募集しております。
Androidアプリが好きな方、Androidアプリ関係のお仕事をしたい方 ならどなたでもOK!

詳しくはこちら

おすすめアプリ一覧

ジョークアプリ ダウンロードランキング




dummy

ロシアンルーレット

映画などでたまに見かけるけど、実際にやりたくないゲームといえばロシアンルーレット。そのドキドキを体感できるアプリだバル!

詳細を見る

待ち受けトラッパー

dummy

勝手に人の携帯を見るヤツはびっくりさせてやりたいバル。フリーズ、初期化、クラッシュの3つのトラップが発動バル。

詳細を見る

    地獄のミサワの「女に惚れさす名言集」公式アプリ

dummy

カッコつけてる姿の痛々しさが面白い、どこかで見たような「惚れさせ男子」たちの名言が楽しめる地獄のミサワ公式アプリだバル!

詳細を見る

dummy

FatBooth

簡単な操作で、オモシロ画像が作れちゃう画像加工アプリバル。コンパや飲み会で大活躍のネタになること間違いなしバル!

詳細を見る

dummy

AndWobble2

リアルな揺れを追加したインタラクティブな画像が作れる、面白い画像加工アプリだバル。難しい操作なしでOKバル。

詳細を見る

dummy

    サウンドボード (Fart Sound Board)

おならゲームや、ブーブークッションをミニゲームで楽しめるなど、おならの音をモチーフにしたサウンドボードアプリバル。

詳細を見る

dummy

跳ねるあいさつの魔法

「ぽぽぽぽーん」のキャラ達を跳ねさせて遊べるアプリだバル。キャラが降ってくる際にはお馴染みのフレーズが聞けるバル!

詳細を見る

dummy

跳ねるあいさつの魔法

お馴染みのCMキャラクターに加えて、意外な人物などもゲスト出演している、楽しいジョークアプリだバル。

詳細を見る

dummy

スカウターLite

友達と盛り上がるときや暇つぶしがしたいときにうってつけバル。様々な人の戦闘力を測ることが出来るバル。

詳細を見る

dummy

Display Shot (lite)

このアプリ、起動してみても一見何も変わらないから、画面を触ってみたら、銃声と共に穴が開いてビックリしたバル!

詳細を見る

ジョークアプリ カテゴリーについて

ジョークアプリは、海外では人気です。日本では日本なりの冗談系が発展しています。まあ、カンタンに言うと、アメリカンジョークは日本ではあまり受け入れられません。風刺画系も同様です。
ジョークといっても2種類あります。android、iphone、両方とも同様ですね。相手を驚かせて笑わせる、もしくは、自分がニヤニヤする、これのどちらかです。
笑いで終わらなければジョークになりませんからね。

待ち受けトラッパー

アイコンから悪意に満ちています。このソフトには大きく分けて2種類あるのですが、ここでは相手を驚かせるトラップ機能に限定して紹介しましょう。
トラップは罠ですよね。種類は、初期化、フリーズ、クラッシュの3種類があります。あまり説明するとおもしろくありません。
ダウンロードして楽しんでください。3種類はこんな手は慌てるでしょう。フリーズトラップ。ロックを外すと画面が出てきます。
操作すると、いきなり注意喚起が。クラッシュトラップ。最もあせるパターンです。ロック解除すると、スマートフォンが暴走します。
すべて、その続きがどうなるかはお楽しみに。特にクラッシュは最高ですよ。

地獄のミサワの女に惚れさす名言集 - 毎日読める1コマネタ

いかにも日本らしいソフトです。公式アプリになります。漫画家、地獄のミサワを知らなくても楽しめます。これはニヤニヤする系です。
決して、実用的ではありません。リアルな社会で利用してもスルーされるだけでしょう。TwitterやFacebookでシェアもできます。つまり、知り合いに伝えることもできるという機能ですね。
また、お気に入りのツボったネタは保存できます。カンタンにできるのが便利です。すでに1000以上のネタが入っています。軽量です。
タッチとスワイプしか使いません。ものすごくシンプルにつくられたジョーク系です。

他にも多くのジョークアプリがあります。それはスマートフォンの種類には関係ありません、androidにもiphoneのもあります。
ここでは、相手をびっくりさせるものと、ひとりでニヤニヤするものに分けて、例をひとつずつ挙げてみました。大切なのは、特に相手を巻き込む場合ですが、お笑いです。
ジョークは最後に笑ってこそ意味があります。くれぐれも、使うときには気をつけてください。ジョークでジョークにならないとダメですからね。
でも、すごくおもしろいので、つい、やってしまいたくなるかもしれません。そこがコワイところですね。