> > 児童向け

ライター募集

Androidアプリのレビューライターを募集しております。
Androidアプリが好きな方、Androidアプリ関係のお仕事をしたい方 ならどなたでもOK!

詳しくはこちら

おすすめアプリ一覧

児童向け ダウンロードランキング




dummy

絵本アプリ「こえほん」

子供に人気の絵本の読み聞かせや童謡、アニメソングが親子で楽しめるバル。新しいコンテンツをダウンロードできるのも魅力バル。

詳細を見る

さわってブビビッ!動物おなら(幼児用)

dummy

子ども達が大好きなおならをテーマにしたアプリバル。おならの音と「おなら出ちゃった~」のセリフに子ども達は大爆笑バル。

詳細を見る

    動物deいないいないばぁ!for Baby & Kids

dummy

8種類の動物たちと、「いないいないばぁ」を楽しめるアプリだバル。どの動物たちもとても可愛くて、つい見入ってしまうバル。

詳細を見る

dummy

しまじろうと やってみよう!

ゲームで遊びながら日常の大事な習慣が学べるアプリだバル。映像教材のアニメを見ながら楽しめるのも嬉しいバル。

詳細を見る

dummy

    さわって生まれる! 動くお絵かきフリー (幼児用)

画面を指でなぞって線を引くと、なんとその線が長い虫に!タップすると小さな虫に!と色んな生き物が生まれる面白アプリだバル。

詳細を見る

dummy

電車が動く!走るお絵かき(幼児向け)

画面上に指先で自由に線路が引けるバル。背景を変えたり、ポイントを貯めれば新幹線など好きな電車を追加することもできるバル。

詳細を見る

dummy

ひらがな

なぞりながらかなを練習、書き順はこれでばっちりバル。音声ONで流れるリズミカルな音声に合わせて単語と文字を覚えるバル。

詳細を見る

dummy

さがして!なぞって!アンパンマン

小さい子に大人気の、アンパンマンのゲームだバル。探すゲームとなぞるゲームの2つのモードが収録されてるバル。

詳細を見る

dummy

    おやこでスマほん 絵本(えほん)を越えた知育アプリ

手軽に親子で楽しめる、知育アプリだバル。絵本でもビデオでもない新しい感覚で、子供の教育に役立つアプリだバル。

詳細を見る

dummy

    【幼児向け】すくすくリトミック!さわって遊ぼう!ワンダリズム

お子様にも親子にもお勧めの、音楽系知育アプリだバル。楽しい音楽と画像は、学習にも時間潰しにもピッタリだバル。

詳細を見る

児童向け カテゴリーについて

児童向けのアプリは数多くあります。不思議ですよね。決して、スマートフォン(android、iphone)やタブレット端末を触ることはあまりないでしょう。
CMなどの影響もあるのでしょうか。大人と一緒に遊ぶ系が多いです。もう少し分けると、遊び系と知育系かもしれません。
カンタンで、しかも、子どもが喜びそうな画面で遊べるものと、教育に関係するようなものです。

遊び系

これはリアルな社会と似ています。例えば、積み木。これは単純ですが、子供たちは好きですよね。いろいろな形をつくって遊んでいます。ヘタすると、大人の視点ではどこがおもしろいのかわかりません。
そんな大人も、小さな頃は積み木で遊んでいました。不思議です。例えば、パズル。ジグソーパズルのように難しいものではありません。ものすごくカンタンです。パーツも少ないでしょう。
でも、くりかえしくりかし遊んでいます。子どもの遊びは、こんな感じです。とてもシンプルで、しかも、大人から想像できないような世界で遊んでいます。
スマートフォンでも同様ですが、さすがに少し異なることがあり、それが魅力なのかもしれません。アプリをひとつ挙げてみましょう。「うじゃうじゃぶーぶー(幼児用)」。タイトル、かわいいですね。幼児用であることはすぐにわかります。
「ぶーぶー」はクルマのことです。クルマがうじゃうじゃとつくれます。画面をタップして指を動かしていくと道路ができ、クルマが走り始める、というものです。いっぱい道路をつくれば、うじゃうじゃとクルマが出てきます。
これは、大人が遊んでもおもしろいです。スマートフォンならではのお遊び系でしょう。

知育系

先に例を挙げます。「日と月のフラッシュカード」。1月から12月までの名前と1周間の曜日を英語で読み上げてくれます。フラッシュカードは、よく、幼児教育に使用されるものなので、小さなお子様のいる方なら聞いたことがあるでしょう。
この時期の子どもは、ものすごく脳が休息に発達します。理屈ではなく、目と耳で、すぐに覚えるでしょう。記憶力は大人よりも数段に優れているのかもしれません。このような知育系は他にも多くあります。

児童向けのアプリは、androidやiphoneに関係なく、人気のひとつです。親子のスキンシップにもなるでしょう。
あえて、遊び系と知育系にわけましたが、実は、2つとも同じようなものです。どちらも子どもが楽しめば、遊びながら、頭もつかいます。小さな子どもにとって、遊びは教育のひとつです。