> > コミュニケーションその他

ライター募集

Androidアプリのレビューライターを募集しております。
Androidアプリが好きな方、Androidアプリ関係のお仕事をしたい方 ならどなたでもOK!

詳しくはこちら

おすすめアプリ一覧

コミュニケーションその他 ダウンロードランキング




dummy

  • ぐちりーな 「匿名で愚痴りな!ぐちりーな」

誰だって、腹の立つこととか嫌な気分を愚痴りたくなることってあるピア。そんな時に、皆に愚痴を聞いてもらえるアプリだピア。

詳細を見る

ドライブトーク

dummy

ドライブ中の話題に困ったらこのアプリの出番!会話の目的や車内の人数等を入力すると、それに適した会話ネタが表示されるピア。

詳細を見る

SimSimi

dummy

チャットロボット「SimSimi」との会話を楽しむアプリだピア。昔のパソコンソフトにあった「人工無能」的なアプリだピア。

詳細を見る

dummy

精神年齢診断

いくつかの質問に答えるだけで、精神年齢が診断できるピア。当たるかどうかは是非、試してみてほしいピア。

詳細を見る

dummy

らくがきライブ

一人でお絵かきしても楽しいけどお友達とオンラインでお絵かきすれば楽しさ2倍ピア。共同作品を作成しても面白いピア。

詳細を見る

dummy

Tango Video Calls

LINEと並ぶ使いやすさと搭載された様々な機能が特徴の、人気の無料通話・コミュニケーションアプリだピア!

詳細を見る

dummy

LINE Play

LINEを使っている人が、よりLINEでのコミュニケーションを楽しいものにできる、アバターチャットアプリだピア!

詳細を見る

dummy

    「ドーン!」「ザワザワ…」「キラーン」といったLINEで友達にも送れるアプリ「漫画スタンプ」

132種類もの漫画の描き文字から、好きなものをLINEのスタンプとして使うことができるアプリだピア。

詳細を見る

dummy

LINE Card

グリーティングカードをLINEで使用できるアプリだピア。日頃の想いや気持ちを、どんどんカードで伝えるピア!

詳細を見る

dummy

Skype

PCでネットを活用する人なら多分知らない人はいないはずのSkype。それがスマホでも利用できるんだピア!

詳細を見る

コミュニケーションから探す

コミュニケーションその他 カテゴリーについて

コミュニケーションその他。コミュニケーションのカテゴリーでSNS、twitter、メール、ブログなどに当てはまらないものを挙げてみましょう。
と、その前にいま書いてみたカテゴリーの概要を説明して「その他」を浮きぼりにしてみたいと思います。

コミュニケーション

SNS。ソーシャル・ネットワーキング・サービスは現在、インターネット上の交流として確立した感のあるものです。Facebook、mixi、Google+、SoundCloud、など。一般的なものから、趣味に特化したものまで。アマチュアからプロフェッショナルまで多くの方が登録しています。
twitter。短文をつぶやけるサービスですね。コミュニケーションのサービスとしては日本で最も受け入れられたものかもしれません。個人だけでなく企業やお店などのアカウントまであり、宣伝広告のツールとしても利用されています。
メール。コミュニケーションとしては他のサービスが出てきたおかげで一時期の勢いはなくなりました。それでもまだ、電話番号と同様に連絡のサービスとして定着しています。
ブログ。これは古いです。大手を含めて、勢いは止まりません。日本では日記的なイメージがあるかもしれません。android、iphoneのスマートフォンが普及したことによってミニブログが増えています。

コミュニケーションその他

上記に当てはまらないサービス。思いつきますか。個人同士のコミュニケーションとしてはもちろん、会社内の会議や、ちょっとしたやりとりなどにも利用されています。
つまり、パソコンのソフトとして未だに人気のあるものです。それは「Skype」です。日本だけでなく、世界各国との無料通話は、これから始まったといってもいいでしょう。
LINEなどが一気に広がりましたが、これの元祖は「Skype」だと思います。androidやiphoneにもアプリがあり、パソコンと併用して利用している方もいるでしょう。イメージとしてはテレビ電話かもしれません。
普通に電話のようなやりとりもできます。チャットとしての機能も付いていて、複数で会話をするのにも便利です。

コミュニケーションのアプリはこれからも新しいものが出てくるでしょう。思いもつかないサービスが、明日、出てきてもおかしくない現状です。
人と人のコミュニケーションは目の前で相手の温度を感じるぐらいの距離が理想かもしれません。ただ、インターネットの登場で地球は狭くなりました。これからもコミュニケーションのツールは開発していくはずです。